オムツ入れに便利なレジ袋が有料義務化に!?



スポンサーリンク

レジ袋を無料から有料義務化にする話題が出ています。

僕がたまに利用させて頂いているトライアル等は1袋3円で既に有料となっていますが、大抵のスーパーやコンビニではまだまだ無料の所が多いです。

 

このスーパーの袋ってゴミ箱に被せるのにとても役立ちます。

それに僕は乳幼児が2人いるのでオムツが毎日すごい量でます。

直接ゴミ箱に使用済のオムツを廃棄するとゴミ箱が汚れる可能性があるのでレジ袋は必須なんですよね。

 

無料から有料に変わるのは、特に乳幼児を持つ親にとって痛い話ですが理由があるので仕方ありません。

 

スポンサーリンク

レジ袋有料義務化

世耕弘成経済産業相が15日、スーパーなどで配られるプラスチック製のレジ袋の有料義務化(無料配布の廃止)について、来年4月1日の実施をめざすことを明らかにした。 引用元:朝日新聞社

先日長野県軽井沢町で開催された主要20カ国で行われたG20サミットで発表。

事業者はプラスチック製のレジ袋を無償配布してはならないとする法令を新たに制定しました。

レジ袋の有料化により得られたレジ袋からの利益を環境対策などに充てるとの事。

 

海外では2016年にフランスが国内で使い捨てのレジ袋を禁止。

オランダでは2016年に無料から袋1枚当たり約34円に有料化を始めたところ、実に4割の削減効果があったそうです。

韓国や中国等アジア圏内でもレジ袋の規制化が進み、日本は非常に遅れています

 

スポンサーリンク

海洋汚染

レジ袋、ペットボトル、発泡スチロール、プラスチック等が海に捨てられ、海洋汚染が非常に深刻になっています。

国内だけで毎年約400万トンはレジ袋やペットボトルなどの使い捨てのゴミが捨てられています。

 

家庭から出る廃棄物が約8割を占めるといわれ、レジ袋は国内だけで年間450億枚使われていると推定されています。

レジ袋は時間が経過しても化学変化で土に帰る事は考えられない為、ゴミとして永久に残されたままとなるそうです。

 

引用元:日本財団

現在世界の海に漂うゴミの量は約1億5,000万トンに達しているといわれています。

このペースで進めば2050年には魚よりゴミの量が多くなる事が既に予測されています。

写真のように魚や他の生物が間違って誤食して消化不良で死んでしまうケースも非常に多いとの事。

 

スポンサーリンク

対策

やはりマイバッグかなと。

何度も使えますし破ける事も考えにくいですからね。

マイバッグ運動なるものも過去にはありました。

 

マイバッグで買い物すると2円引きくらい?になるサービスも聞きますね。

富山県ではレジ袋の無料サービスを廃止後、マイバッグの持参率が92%まで上ったとの事。

 

レジ袋の価格等は事業者がそれぞれに設定できるそうです。

店によってレジ袋を利用する際に数円違いが出ますね。

 

感想

今回のレジ袋の有料化を環境保全の為に賛成する方もいれば、買い物を控えるといったネガティブな意見も実際出ていて経済的には何とも言い難い気がします。

 

実際に反対の意見も出ており、ホンマでっか!?TVで有名な中部大学武田邦彦教授は真向から反対されています。

僕は頭が悪いのでこれ以上環境について詳しい話は辞めときます\(^o^)/

 

ただ子供のオムツ入れとしてレジ袋って本当に役立つんですよね。

保育園から使ったあとのオムツを保育士の先生がレジ袋にいれて返してくれます。

お金だしてレジ袋買う時代なんでしょうね~(‘_’)

 

レジ袋が有料化になっても子供達のオムツが取れるまでは、まだまだレジ袋を利用させて頂く予定ですm(__)m

 

追記

2020年7月1日より全国でレジ袋有料化がスタートされます。

この記事が少しでもお役に立てればなと思います。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日常の気になる事を記事にしたり、釣り動画を投稿したりする雑記ブログです。少しでも皆様の暇つぶしになれればなと思う次第です。