訳あって賃貸を借りる事が困難な人に



スポンサーリンク

過去の記事にて何度も触れていますが、僕は以前半年程ですが不動産屋で働いていました。

賃貸営業のみで様々なご職業のお客様がいらっしゃいました。

 

賃貸契約をお客様と結ぶ際、どうしても何点か確認する事がございます。

その事と今回、数日前に佐賀新聞で掲載されていた記事を読んで思った事を書いていきます。

 

スポンサーリンク

賃貸契約って?

賃貸借契約とは、当事者の一方がある物の使用および収益を相手方にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって効力を生じる契約のこと。 引用元:SUUMO

不動産屋にいた時にSUUMOは利用させてもらっていたのでそちらを引用させて頂きましたm(__)m

 

大家さんが物件を所有し、その物件を不動産屋が間に入りお客様と契約に結び付ける。

まぁ大抵の方はご存知かと思われます。

 

不動産屋が間に入らずに大家さんとお客さんが直接契約を結ぶケースもありますが、大抵の物件は不動産屋が仲介するケースと思われます。

不動産屋を仲介に入れると仲介手数料(大抵は1ヶ月)契約の際に発生するので直接契約を結びたがるお客様もいらっしゃいますからね。

 

大抵の大家さんはお金に余裕がある老人の方が多いです。

直接会って書類やらお金のやり取りやら面倒な事は嫌がられる為、普通は不動産屋を通してくれと言われるかと思います。

 

スポンサーリンク

審査を通らないとダメです。

いよいよ希望物件の空き状況がOKを確認し契約をする際、

 

審査があります。

この審査大抵の勤め人の方であればまず落ちる事は考えにくいです。

 

年収200万ちょいの方でも普通に契約が可能です。

その際は家賃も高くて5万円くらいを上限とした方がよろしいかと(‘_’)

 

家賃の相場は月収の手取りの3分の1が理想と言われています。

新卒で入って額面が18万円手取りが15万円としてした場合、家賃は5万円ですか?

 

残りは10万円。そこから生活費やら交際費やら何やらでほとんど手元には残らないのでは?

よって僕は手取りの2割前後?が理想かなと個人的に思っています。

そのくらいで抑えてらっしゃる方は結構いらっしゃいます。

 

ただし!あまり大きな声では言えませんが家賃が極端に低くなると隣人トラブルも増えてくる事が多いです。

住人の層がね・・・(-_-)。

特に女性の一人暮らしの場合は安全面を考慮し手取り15万円だと・・・4~5万の間で何とか探すかな・・・(‘_’)

 

スポンサーリンク

やはり定職に就いてないと厳しい

上記でも書いたように審査で落ちる方も実際にいらっしゃいました。

 

お客様から職業、年収、勤続年数等を聞きその後身分証明書をコピーして保証会社にFAXする。

最短で午前中に審査のFAXを流すと昼過ぎとかには返答がきます。

その際に国民保険より社会保険を好む傾向がやはり強かった。つまり・・・

 

会社で正社員で勤めている方

という事になります。

 

自営でそこそこの年収があれば特に問題ありませんが、普通の会社員だと週5日働いけば社会保険になりますから。

もし家賃が未納になると保証会社が変わりに立て替える状況になりますから。

 

家賃未納以外にも隣人とのトラブルや、無断でペットを飼う方などいろんな方がいらっしゃいますから収入面だけで全てOKという訳にはいきません。

来店の際にその方の第一印象はかなり重要になります。

保証会社の前にまずは大家さんからどんな人だったか?を必ず質問されました。

 

年配の方が多い大家さん、やはり見た目が派手すぎる人を好まれない傾向が強かったです。

 

社会的弱者、住居探し困難 保証人不在の救いの手

先日の佐賀新聞で初めて見かけたんですが

 

すまいサポートさが

こちらの佐賀県のHPにも記載されています。

 

身寄りがない高齢者等、連帯保証人が立てられず、住まいを確保できない 社会的弱者の方(住宅確保要配慮者)の居住支援を行う佐賀生まれの新しい賃貸保証の仕組みという事で佐賀県独自の賃貸システムが平成28年6月3日にスタート。

 

それまでこのようなサービスを知りませんでしたし、不動産屋で働いている時も障害を持たれた方を接客した事もありませんでした。

保証人に関しては必要ない場合もあります(その代わりに保証料金を毎月別途頂く。家賃の1~2%程度)。

 

この記事を読み改めて部屋を借りたくても借りれない状況の方がいらっしゃる事を再認識。

自分が住む街でこの様なサービスが行われている事、非常に嬉しく思います(*’ω’*)

 

思った事

数年後空き家問題が深刻化してきます。

 

すまいサポートさがのようなサービスを使えば体が不自由な方に空き家を貸す事も安心しません?

県が案内してるサービスですし。

貸す方も社会奉仕の一環と感じる・・・のは僕だけでしょうか?

 

全国的にこのサービスが広がる事で少しでも空き家問題の解決に繋げたら!と僕は思っております。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日常の気になる事を記事にしたり、釣り動画を投稿したりする雑記ブログです。少しでも皆様の暇つぶしになれればなと思う次第です。