地域の役員や部員をやってみて真剣に思う事



スポンサーリンク

ちょっと愚痴になるのですみませんm(__)m

 

僕は今からちょうど3年程前に家を購入し、その地域に住み始めました。

30歳でしたので世間の男性と比べて少し早いかな~と思いはしましたが、このまま無駄に家賃を払い続けるよりも同等くらいの金額でローンを組んだ方が絶対マシだろ!と考え勢いで購入しました。

 

実際の所我が家では妻と息子2人(3歳&1歳)の男の子兄弟なので、毎日ケンカ (メ゚Д゚)pなのでそりゃ~家の中は毎日騒音が鳴り続けます。

そういう現状を見ているともし賃貸にあのまま住み続けてたら絶対隣から苦情がくるだろうな~と毎日思う次第です。

なので今は家を購入した事に満足してはいます・・・

 

がしかし!・・・

スポンサーリンク

田舎の洗礼

住んで1年目の終わりころでしょうか?

年に一回の班の集会にて『〇〇君!若いから〇〇部に入ってよ!』

と言われ、僕も新参者として今後の近所付き合いを考えてイイですよ!と返答。

 

僕が入った部がグランドゴルフ・大きな体育大会・ソフトボール等のスポーツ大会を事前準備・後片付けを主にする部活でした。

自治区は勿論、他地区の住民の方とも交流を深め、健康的な運動をしよう!というコンセプト。

でもね、参加だけして楽しんで帰る人はイイんですよ(‘_’)

 

 

・部長は体育協会本部である部長会議に参加(後日部員全員と部会を開き役割を決める)

・部長は大会が行われる開催地※グランドや運動公園の使用許可の届出を出す(市役所に許可を申請し現地の管理者にスケジュールや芝の管理の確認)

・大会の事前にグランドゴルフの道具(スティック・フラッグ)の借り入れのお願いをする。(フラッグ・ボールはともかく、スティックを自前で持ってこない参加者が多い為。)

・部長は毎月定例委員会に参加する。(月に1回1時間ほど。大会後の結果や課題を正確に伝達。区の新聞に載せる為)

・大会の参加人数の確保(グループ分けするので一定の数が必要。周りの協力も得て人数をやっと確保したり)

・大会参加者に参加費を払う事も(年に1回の大きな体育大会のみ。が!競技が終わると閉会式を待たずに帰宅されたりしたので、家の場所を聞いて参加費を届けにいったり)

・弁当を参加人数分予約(後で支払いに行き領収書をもらう、ゴミが大量に出るのでこちらで処分する)

・大会の景品等を事前に準備(参加賞から優秀賞まであるのでかなりの量になる。善意で借りた軽トラの荷台にかなり乗るほど)

・部費をちょくちょく頂きにいく(部費を1年分一度に頂いていたい為、ちょくちょく会計のお宅に時間を調整お伺いして部費をもらいにいく)

・清掃活動(定期的な清掃活動は部外の人も勿論参加だが、役員=部長の人々は半強制参加の清掃活動が別にある)

・指定の時間の監査に行く(部長の最後の仕事。資料をまとめて領収書と現金をもって公民館へGO!)

 

 

思い出しただけでこの数( 一一) よく頑張ったわ( 一一)

最後の監査だけは来月なんでそこ乗り切ったら\(^o^)/

 

スポンサーリンク

真剣に考えた方が良いかと

ボランティアって確かに素晴らしい言葉です。

でもそれは余裕があって善意な方が起こす行動だと思います。

 

僕はまだ以上児と未満児を育てている最中。

正直毎日忙しい中でのこのボランティア活動は嫌で嫌でしょうがなかった。

理由は今の僕にそんな余裕がなかったから。

 

今年で抜けます!と伝えた時に『一応任期の2年終えたから大丈夫だよ!』と言われた時は嬉しかったです。

でも現在僕以外にも退部される方がいるので欠員補充の為、僕含め他の方も人探しをしていますが・・・なかなかね(-_-)

先日の話し合いで『決まった中の人達でぐるぐる回してる』という発言も(-_-;)

 

スポンサーリンク

おかしくない?

そもそもが誰もやりたがらないボランティア役員。

決まった中での人選でなすりつけあいなんてアホくさいと思いませんか?

 

逃げ得の人はずっと逃げ得でいる。

だったらさ・・・

 

反則金とればいいじゃん!

大真面目です。 特に田舎の場合は役員の人選なんて誰もしたがらない。

 

ようはタダで面倒事だれもしたがらないって事ですよね?

拒否続ける人からは反則金をとり、役員・部員を引き受けた人はその分報酬金を頂く。

 

この形が何故できないのかな~と本当に不思議に思います。

子供の通学する際のパトロールにしてもボランティア。

選ばれる人はアンラッキー、選ばれない人はラッキー。

 

貴重な時間を割いてボランティアを自ら希望する人は少ないでしょう。

特に都会とか人同士の繋がりも希薄でしょうし。

 

しかもその通学の最中に転んでケガをした子の親がクレームだしたという話も小耳に。

ホントバカらしいです(^^♪

そこに反則金なるものを発生する事で、嫌でも参加させる or 意地で払わせる の2択でしょ。

 

話は変わりますが、地域の消防団もほぼボランティアな感じ(少しはもらえるそう)だけどそれも違和感を感じます。

一度入ったら抜けれないという暗黙のルールがあるそうな・・・。

引越しするしか抜け道はないとネットの書き込みも見ました( ゚Д゚)

 

僕は幸い消防団の誘いは来てません(*’ω’*)

最後に何を言いたいかといいますと・・・

 

お金をもっと上手く回せばいいじゃん!

その一言です。 

今回は長々と愚痴話してしまいごめんなさいm(__)m

 

そしてもっと若い夫婦が住みやすいような地域づくりをしてほしいです。

田舎の未来は若い人や若い夫婦の増加により明るくなると信じています。

 

追伸:先日1年間の部長手当となる1万円を頂きました( 一一)

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です