人日の節句は七草粥を食べて



スポンサーリンク

皆さん昨日は七草粥を食べられましたか?

地元の四報に載っていたので以前からこの日が七草粥を食べる日と知っていて、今日スーパーに行くとやはりメインに並べてありました。

 

僕も子供の頃に七草を食べた事はありましたが、大人になってなぜか縁起物にすがりたいにかかり今回調べて食べてみようと思いました。

記事の最後に動画も貼り付けときましたので良かったら是非お願いします(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク

人日の節句

五節句の一つ。1月7日。七草がゆを食べることから七草の節句ともいう。この日には7種類の野菜(七草)を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが日本に

伝わって七草がゆとなった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。人日を含む五節句が江戸幕府の公式行事となり、将軍以下全ての武士が

七草粥を食べて人日の節句を祝った。引用元:Wikipedia

そもそも七草粥は人日の節句を指して別名七草の節句と呼ぶそうです。

元々は中国から伝わった文化だそうです。

歴史の授業習っていると中国から入ってくる文化率高かったな~(‘Д’) 

 

この七草を浸した水に爪をいれてふやかして爪を切るとその年は風邪をひかないという伝説があるそうです。

なので新年一発目の爪切りは1月7日に行った方が良いそうです。

科学的証拠?(ヾノ・∀・`)ナイナイ

 

スポンサーリンク

七草粥とは?

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。

この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

引用元:Wikipedia

上記でも述べている通り中国から伝わった文化です。

正月は祝酒を沢山飲むんで七草で胃を休めましょうよ( 一一) という事でしょう。

 

僕も今年はストロング、梅酒結構飲みまくったからな・・・( 一一)

それで野菜めっちゃ食って無病息災をこの日に願いましょう~よ( ゚Д゚) って事でまとめました(小並感)

 

スポンサーリンク

七草の種類

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろの七草。

素人が見ると見た目では全く違いがわかりません\(^o^)/

今日スーパーで買ってきた七草のパッケージ。

 

ただの雑草wwww

 

未成熟の大根と雑草www 大草原不可避\(^o^)/

 

一応粥にしてみました。 味噌も少し入れていると妻が言ってましたよ!

僕、妻、子供も食べて今年は無病息災を信じましょう><

去年はノロウイルスに酷い目にあわされましたから(-_-;)

 

それだけじゃ晩御飯も味気なかったので、マグロの刺身と有明海の芝海老の煮つけを添えて堪能しました(^^♪

僕が古風な人間か、例え古臭くても良い風習は子供達に伝えていきたいと思っています。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です