幼児教育・保育無償化が始まるけど保育士不足はどうするの?



スポンサーリンク

今年の2019年10月から幼児教育・保育無償化が実行されます。

0~2歳の未満児の場合、住民税非課税世帯「年収250万円以下」である事、3~5歳児が対象で保育の必要性の認定事由に該当する子供という決まりがあります。

 

1歳児、3歳児の子を持つ僕からしてみると大変ありがたい制度になっています。

既に子供が小学生にもう進級したし( 一一)、何で私の子供の時にはなかったのに( ゚Д゚)!等思われている親御さんも沢山いるはず。

その事から世間では、幼児教育・保育無償化よりも児童手当を増やしてほしい!といった声も結構入ってきます。

 

少子化を何とか食い止める為の苦肉の策という事は重々承知です。だって子供がいない家庭の人からしたら税金増えるだけですから( 一一)

まぁ政治的な知識がない僕があ~だこ~だ言ってもしょうがないので・・・

 

保育士の確保どうするの?

とココだけ僕が気になった次第です。

スポンサーリンク

保育士の待遇が悪い

保育士とは・・・

保育所や児童養護施設などの児童福祉施設で児童の保育にあたる者。児童福祉法に定められた国家資格。厚生労働大臣の指定する養成学校などを卒業するか保育士試験に合格した者に資格が与えられる。 引用元:コトバンク
中学校や高校を卒業して独学でストレートに受験は出来ません。 大きくわけて2つのパターンがあります。
一つは大学の社会福祉系学部や生活科学系学部などに設置されている子ども学科、児童学科、幼児教育学科や、短大の保育科、幼児教育科、専門学校の養成課程や保育士養成所などを卒業する方法である。もう一つは、都道府県で実施する保育士試験に合格する方法だ。受験資格は、大学に2年以上在学し、62単位以上修得した者、短大卒の者、高校卒業後児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上働いた者などである。近年の保育士試験の合格率は20%前後となっている。
引用元:ベネッセ
これだけ面倒なハードルを越えて保育士という国家資格に合格したにも関わらずその職に就いていない方々が多い現状です。

 

世の中には潜在保育士といって保育士の資格を持ちながら保育士の職についていない人達が約80万人いるといわれています。

2016年から保育士の確保の増加に向けて年1回だった試験が年2回に増えました。

 

僕の妻も元保育士でした。子育てが忙しいので今は専業主婦をしています。

子供が出来たから保育士の仕事を離れた訳ではありません。

 

待遇が悪い

からです。額面で15万円程とか言ってました。手取りにすると12万~13万円程でしょうか?

短大まで行って額面15万円、サービス残業、モンスターペアレント相手、土曜日もサービス出勤(毎週ではない)、家に持ち帰って子供達の工作物の制作。

 

一方高卒で大手の工場に就職して残業して20万円越え、ラインならひたすら機械と向き合わせ、人間に気を使わなくていい。

僕なら間違いなく後者です。よほど子供達が大好きで給料なんかどうでもイイ!といった人しか続かないのでは?と僕なら考えます。

 

男性が保育士だとかなり悲惨です。

一家の大黒柱として稼がないといけない父親がこの給料ではとても養っていけませんから。

女性の職業といわれている事が納得できますね。 

 

それと男性保育士だと親御さん方が変な心配をする人も少なからずいらっしゃいます。

テレビでもそういった問題を何度も取り沙汰されてきましたから。

 

スポンサーリンク

保育士をもっと確保するには

やはり賃金の向上に尽きると思います。

そもそもが高卒で資格を持たない人よりもより高い学費を払って、学歴を積んで資格を得た人が給料が低い事っておかしくないですか?

 

子を持つ親としては今回の無償化は非常にありがたいです。

でも妻が保育士だったので今回の政策についてはちょっと疑問を持ちました。

僕が行くお店も社長が変わって賃金の見直し→新しい人材が増加→店舗の拡大→売り上げ向上。

といった事が現に起きました。

こちらの場合はコンサルティングにかなり投資したからという事も聞いてはいましたが。

 

でも結局↑の様に無償化の前に保育士の給料を10万円も上げろとはいいませんが、最低でも5万円はあげないとダメだと僕は考えています。

最近では保育士の確保が出来なく閉園する施設もテレビで拝見するようになりました。

保育士の賃金が変わらぬこの現状で無償化をスタートすると悲惨な結果になるのでは?と素人ながらに懸念している次第です。

 

スポンサーリンク

僕が思う事

今年の秋には消費税が8%から10%に増加し、我々の生活にかかる負担はより一層大きくなります。

そんな中の今回の幼児教育・保育無償化。

僕のように今ちょうどその年齢の子をもつ親からしたら非常に助かる政策です。

運が良かったと思えばそれだけで済む話でした。でも僕の妻も元は保育士だったので今回の事を疑問に思えてならなかったので記事を書いてみました。

 

完全な無償化前に、まずは保育士の給料を国が底上げする事が一番の得策かな?とド素人の僕が思った次第です。

少子高齢化の流れがこの政策で良い方向に向かって行く事を期待しましょう(^^♪

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です