プロ野球のメジャー流出問題についてただの野球好きが思う事



スポンサーリンク

僕は野球をちょこっとかじっていた時期がありました。

プロ野球・メジャーリーグ両方共に好きです。

今回はちょっと前から思っていた事を書いてみました。

 

昨今といいますか、ここ10年以上日本のプロ野球でスーパースターの地位まで上り詰めたプロ野球選手はメジャーリーグに移籍するケースが非常に増えました。

2018年12月2日の現時点で西武ライオンズの菊池雄星投手がメジャー挑戦を宣言。

続いて横浜DeNAの主砲・筒香選手も来年のオフにメジャー挑戦を宣言されました。

野茂投手が1995年にロサンゼルス・ドジャースと契約して以来、実に50名以上もの選手が渡米。※ちなみに日本人で一番最初に挑戦された選手は1964年にサンフランシスコ・ジャイアンツと契約した村上雅則投手です。よく野茂投手と間違われる事が多いので。

 

移籍を希望する理由について日本とメジャーの違いをちょっと書き出してみました。

 

スポンサーリンク

・年俸の違い

まず一つ目! というか・・・

 

これが一番だろ!!!

 

そうです。 かけ離れてちがいます。僕が小学生だった頃

 

大金持ち球団=巨人

という構図が子供ながらに分かっておりました。

広島から江藤選手、西武から清原選手、マルティネス選手(マルちゃん)、ヤクルトからペタジーニ選手(友達の母ちゃんと( ^ω^)・・・)

ダイエーファンだったのに持ってかれた工藤投手・・・。

各チームの4番打者を並べて悪のチームだと街のインタビューで爺さんが言ってましたね。

 

ちなみに巨人とつい前日契約された今年のMVP広島の丸選手が5年総額30億円の規模の契約。

単純に1年6億円の計算になります。他球団との提示額が全然違いましたからね。当然でしょう。

 

2018年の選手年俸総額は47億3110万円

ちなみにその天下の巨人を余裕で越えてしまっている金持ち球団が

我が九州の雄・ソフトバンクホークス

2018年の選手年俸総額は61億8590万円

もう巨人が1番金持ちの時代じゃな~い\(^o^)/

 

孫さんが2005年に前身のダイエーホークスを買収して以来、一気に金持ち球団になりました。

当時大学生だったいろいろです。

ここまでものすごく長々と話がすれてしまいましたm(__)m

 

では~日本一金持ち球団であるソフトバンクホークス、メジャーリーグの球団と比較してみたらどうなると思います? 

メジャーリーグ一番の貧乏球団であるタンパベイ・レイズの選手の総年俸額が6800万ドル強。 

 

70億円超えています

 

日本一金持ち球団でさえ全米一貧乏球団よりも低いこの現状

 

詳しくはこちらにて英語ではありますが、記載されております。

ちなみに1位のボストン・レッドソックスですが2.2億ドル超えています。

単純に230億円言ってる計算かな。 異次元ですね。

 

活躍して夢の10億円プレイヤーを目指すならメジャーしか現時点で考えられない

です。

 

スポンサーリンク

・球団の数

これもかなり違いがありますね。

引用元:UNIOBASEBALL

全米のメジャーリーグのチーム数は全部で30球団あります。

それぞれのリーグで15球団ずつですね。

 

引用元:UNIOBASEBALL

一方、日本のプロ野球のチーム数は全部で12球団です。

それぞれのリーグで6球団ずつです。

どちらの画像も野球ユニフォームショップのUNIOBASEBALL様からお借りしましたm(__)m

 

単純に戦う相手が少なすぎない?プロ野球?

基本は交流戦という特別な期間でない限りは、同リーグの相手球団と対戦するので5チームと試合をするという事です。

メジャーリーグだとそれが交流戦を除くと14チームと対戦する訳になりますからね。

対戦相手も一気に増えて攻略も難しくなる。

以前、スポーツ番組でメジャーのスカウトマンがインタビューでその事を懸念するコメントを発言されてました。

 

より沢山の高いレベルの選手と戦いたいならメジャーって事でしょうか? 

球団が今後増加すれば違ってきますが。

 

スポンサーリンク

・引退後の年金

これもかなり違うみたいです。

メジャーリーグ=メジャー(※マイナーは含まない)の選手登録が5年以上、もしくは10年以上。

5年登録で約1000万円10年登録で約2000万円を60才~死亡するまでの間、毎年受け取る事が出来る。

 

プロ野球=(1・2軍関係なく)選手登録が10年以上年間120万円を55才~死亡するまでの間、毎年受け取ることが出来る。

年俸と同じく年金もケタ違いですね。

10倍以上の差があります。これだったらサラリーマンの年金の方が普通に高い気がs・・・

 

・まとめ

他にも上記には書いてませんが、移動中の飛行機のサービスやシーズン開幕前のキャンプの施設、本拠地のロッカールームの装飾等々・・・

今までにテレビに出演された元メジャーリーガーの方々のコメントから書き出してみました。 

 

 

 

やばい!

やばい!

やばい!

このままでは・・・皆メジャーに挑戦してしまう/(^o^)\

仕方のない事です。現役の短い間にいかに引退後、老後の貯蓄を貯めるかが一番重要なポイント。

サラリーマンだって同じ業種で、人間関係とか抜きに考えると

給料がイイ方に決まっているでしょ( 一一)

 

ソフトバンクの孫正義社長が何かの記事で以前見かけたのですが

いずれメジャーレベルの年俸水準にしたい!

と意欲を出されているという話をチラっと小耳にしました。

ソフトバンク・ホークスのスーパースター選手である柳田悠岐選手がいずれメジャー挑戦をする前に単年で10億円規模の契約を~といった噂話もあるそうな。

 

プロ野球の年俸の均衡が崩れるという懸念の声もあるかと思われますが、実際そうでもしない限りこれからもどんどん流出するでしょ( 一一)

九州に住んでいるのでヤフードームには観戦にたまに行きます。

柳田選手のホームランもドームで見たいので是非、孫社長には均衡なんか気にせず大判振る舞いしてほしいものですね。

 

かなり長々と長文を書いてしまいまいしたが、言いたい事はこれくらいです<(_ _)>

あくまで個人的などうでもいい意見として捉えて頂けたら幸いです。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日常の気になる事を記事にしたり、釣り動画を投稿したりする雑記ブログです。少しでも皆様の暇つぶしになれればなと思う次第です。